0

プラセンタの多くの効果と女性ホルモン促進

Posted by admin on 2014年8月25日 in 未分類 |

日本語で「胎盤」の意味であるプラセンタは妊婦の体内で酸素や栄養分を胎児に与えたり、器官の働きが確立していない胎児に代わって、肝臓や腎臓、肺など様々な働きをし、胎児の発育に必要な呼吸やたんぱく質合成、有害物質の解毒、ホルモンの分泌、排泄などの重要な働きを全て行います。
そんなプラセンタには人間に必要なたんぱく質や脂質、糖質の三大栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸など多くの栄養素が含まれており、その効果は、自己免疫力の向上、美白効果、新陳代謝の促進、細胞を元気にする、保湿効果、血流向上、肝臓強化、炎症の鎮静、活性酸素除去など、その他にも多くの効果があるといわれています。
また、ホルモンバランスを整える働きもあるといわれています。

プラセンタなら東池袋レディースクリニック

卵巣の機能が低下して、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、自律神経のバランスも崩れやすくなり、不眠などの症状や更年期障害などの体の不調を引き起こしてしまいまうこともあります。
プラセンタは卵巣の機能を活発にさせることで、そのような症状も緩和させる効果があります。
ホルモンの分泌を促進させる作用により、体内での分泌を多くして、その効果を発揮します。
その他のも肌のハリやツヤを取り戻してくれる効果もあります。

Copyright © 2014 プラセンタについて街の人に聞いてみました All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.2.3, from BuyNowShop.com.